ヤローの効能

2009年8月20日 14:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

ブルガリア産 ヤロー フラワー☆風邪やインフルエンザの時にどうぞ☆

 

ヤロー(セイヨウノコギリソウ)の花言葉は、「戦い」「悲嘆を慰める」「真心を持って」「治療」「指導」。ヤローは観賞用はもちろん、ハーブティーやエッセンシャルオイル(精油)、香料としても利用されています。

ヤローはハーブティーにする場合は花・葉・根・茎のすべてを、精油の場合は花の咲いた先端部分を利用します。

ヤローの効能としては、まず心への影響が挙げられます。ヤローのぬくもりのあるスパイシーでフレッシュな香りは、ストレスや緊張をやわらげ、失った気力を取り戻してくれます。また不眠にも効果的です。

ヤローは身体的には、頭痛や熱、風邪、インフルエンザ、強壮、動脈硬化、血栓症、リューマチ性関節炎、下痢、便秘、痔、痙攣、腹部の膨張感、消化不良、無月経、月経困難症、更年期障害、卵巣炎、膀胱炎などに効果をあらわします。また育毛やにきびなど、火傷、キズなどもヤローは癒してくれます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ヤローの効能
ヤローはハーブティーにする場合は花・葉・根・茎のすべてを、精油の場合は花の咲いた先端部分を利用します。
ボリジの効能
ボリジは大きいものでは80cm~1mほどの丈まで育つ植物です。ボリジの種まきの時期は年2回、春と秋ですが、秋にまく方が大きく育つものです。
カルダモンの効能
カルダモンの種子は良質なスパイス。特にインドでは「スパイスの女王」と呼ばれ、中近東ではコーヒーに入れて香りを楽しむ習慣があります。
レモンバーベナの効能
レモンバーベナの恩恵に手っ取り早くあずかりたいなら、葉を使ったハーブティーがオススメ。レモンバーベナのすがすがしい香りは、目覚めのときや疲れたときにピッタリです。ただしレモンバーベナティーの酸味は胃を刺激するので、特に胃が弱い方は注意が必要です。
ジュニパーベリーの効能
ジュニパーベリーは、ハーブティーや精油(エッセンシャルオイル)としても人気が高いもの。ジュニパーベリーには様々な効能が期待できます。
アニスの効能
アニスの精神面での効能としては、リラクゼーションが挙げられます。アニスの良い香りは、疲れた心に効果的なので、憂鬱だったりやる気が出なかったりするときは、アニスのハーブティーやアニスオイルの香りを楽しむといいでしょう。またストレス性の胃腸の不調にも効きます。
ダンデライオンの効能
ダンデライオンはヨーロッパでは普通に食べられているようですが、食べることに抵抗のある方は、ダンデライオンの葉と根を使ったハーブティーから試してみるのもいいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2567

コメントする



このサイトを購読する